メイン画像

ホームホーム > 研究の実施にあたって > 資金を使う

資金を使う

支払いスケジュール

基本的な支払のスケジュールは、下記の通りです。

学術研究支援三田担当 INFORMATION
書類に不備があった場合などは、スケジュールどおりにお支払できないことがあります。支払のスケジュールは年4回更新しております。三田キャンパス所属研究者にはメールボックスに文書を投函しております。ご不明な場合等は学術研究支援三田担当にお問い合わせください。


支払いについて

資金の受入手続きがすみましたら、学術研究支援三田担当から資金管理コードをお知らせします。資金管理コードが決定してから支出手続きが可能になります。 請求書等には、必ず資金管理責任者が押印をしてください。
年度末までにその年度の支出額を確定する必要があります。資金によって年度末の締切日が異なりますので、資金ごとにお知らせする締切日は厳守してください。


公的資金マニュアル

教職員が公的資金などの外部資金を使用する際に必要となるルールと手続きについては、公的資金マニュアル(塾内ドメイン限定)をご覧ください。 いくつか対象外となる資金もありますので、詳細はマニュアル2ページをご確認ください。 マニュアル以外にも各資金ごとのルールがある場合がありますので、必ずそちらもご確認をお願いします。


科研費(JSPS)のルール

  • 〔補助金〕使用ルール(補助条件)
  • 〔助成金〕使用ルール(交付条件)
  • 〔ハイブリッド(一部基金)〕使用ルール(交付条件)

こちらからご確認ください。


学術研究支援三田担当では毎年、科研費の採択者(研究代表者・研究分担者)を対象に科研費説明会を開催しています。科研費制度の概要・近年の変更点、執行上の注意点を中心にご説明しています。

2018年度の説明会(2018年7月18日(水)開催)の資料はこちらからダウンロードしていただけます。(学内関係者限定)

ダウンロードをご希望の方にはパスワードをお知らせしますので、お申し付けください。

  ※ダウンロード期限:2019年3月31日


塾内助成のルール


資金支出にあたっての各種申請様式・規則

(塾内ドメイン限定)